マニュアル制作 保育・運営・管理

マニュアル制作と人材育成

一般的に流通する保育マニュアルだから実際に必要としたときに役に立たなかった。業者さんに丸投げして出来上がったものだから、あまりに一般的すぎて役に立たなかった。園んの現状に反してやたら詳しいマニュアルをつくってみたものの誰も読まないで飾ってあるだけになってしまった。
各地で園長先生とマニュアルについて話をすると、このような話を良く耳にします。
私たちは園の現状を充分に把握し、園に求められる要素を取り入れたオリジナルのマニュアルを制作するお手伝いをさせていただいております。
マニュアル制作過程は大切です!なぜならそれ自体が園の人材育成そのものだからです。こんな良いチャンスをみすみす業者さんに丸投げしてはいけません。
マニュアル制作と人材育成。同時実践してまいりましょう。

マニュアル制作の流れ

既成のものをお渡しするのではなく、打合せを重ねて園独自のオリジナリティを持ったマニュアルを作ります。

マニュアル基本設計(開始〜1ヶ月目)

 
  • ・ヒアリング(園の歴史、保育方針など貴園の オリジナリティーを聞き、全体のイメージを決める)
  • ・時間をかけてコンセプトづくり
  • ・コンテンツ収集方法、既存資料の洗い出し
 

内容確認(1ヶ月目〜2ヶ月目)

 
  • ・収集したコンテンツの整理
  • ・資料の整理
  • ・原稿書き
 

デザイン(2ヶ月目〜3ヶ月目)

 
  • ・見やすくわかりやすいレイアウト
  • ・全体のイメージを具体的にデザインしレイアウトを決めていく
 

修正・校正・印刷・装丁(2ヶ月目〜3ヶ月目)

 
  • ・原稿の最終チェック
  • ・印刷
  • ・装丁
 

完成

 

保育マニュアル マニュアル活用のための研修の実施(オプション)
活用することが大事!
できあがればそこでおしまいではありません。
必要に応じた改訂を行い、質の高いものにしていきます。

 
このページの先頭へ

ホーム事業内容講師紹介活動報告会社案内お問合せお知らせ一覧講師コラム一覧プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (c) 2002-2011 株式会社 こども保育環境研究所 All rights reserved.