講師詳細

保育士の意識改革! 選ばれる保育士への提言!保育行政の流れを掴む!
畠山 和人

一覧はこちら
blog記事
朋志美(2011年05月31日)

朋志美(ともしび)

すてきな漢字の組み合わせと響きだと思います。温かさと美しさと力強さを感じる文字と読み。子ども達や保護者に伝えたい、そうあってもらいたいという想いがこめられた「朋志美」
千葉県市川市にある鬼高幼稚園(理事長 堀内周一先生)の父母の会が編集を担当している会報誌のタイトルです。
「朋志美」の由来は以下のように説明がなされています。
「心を同じうする朋、即ち幼稚園の園に縁ありて集える親よ、子よ、先生よ、共に心清く美しく時代を背負う子、この児童に幸あれと念じつつ、お互いにいつまでも良き朋でありたいと願って初代理事長、堀内五一先生がつけられました。」

会報誌はいつも現理事長の堀内先生の温かいメッセージから始まります。第95号の最新版には『おやつの思い出』と題された理事長先生の幼少期の思い出とメッセージが書かれています。美味しいものに目の無い理事長先生の食に対する思い出話、そして音楽好きな先生らしい子ども達の音楽活動の様子。文章の最後には海苔で捲いた塩むすみへの想い。
「おやつの思い出」をテーマに堀内しほ子園長先生をはじめ先生方全員のおやつに関する思い出話。時代の流れも感じつつ、ほほえましいエピソードが満載です。
昨年弊社主催のシアトル保育研修に参加された佐藤舞子先生の研修報告と写真も掲載されていました。嬉しく読ませていただきました!
幼稚園と保護者の皆様が力を合わせて作り上げているすてきな会報誌。「朋志美」いつも楽しみにしています。

このページの先頭へ

ホーム事業内容講師紹介活動報告会社案内お問合せお知らせ一覧講師コラム一覧プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (c) 2002-2011 株式会社 こども保育環境研究所 All rights reserved.