講師詳細

人材の再生!組織の活性!保育の本質!必要とされる保育士育成のスペシャリスト
斎木 里奈

blog記事
10歳が描く『将来の夢』(2014年02月19日)

先日、息子の小学校で『1/2成人式』が行われました。
小学4年生、10歳です。
子どもたちは、自身の誕生からの10年のあゆみを親子で振り返り、命の大切さや家族の温かさを実感し、親子の絆を深める学習をしました。
式典当日は、幼少期の写真を1名ずつ上映しながら、自身の『将来の夢』を語りました。

4年生は120名ほど、女子よりもほんの少し男子が多い学年です。
私が注目したのは、将来の夢!
日本の10年後を担う子どもたちは、何を語るのだろう!?
今を生きる10歳の瞳に映るもの!
10歳の心は、何に興味や関心を寄せているのだろう!
もちろん、この瞬間まで息子が何を語るのかは、私には秘密のままでした。

子どもたちの将来の夢、皆さんは何だと思いますか?

第1位 パティシエ(ほとんどが男子!TVドラマの影響?)
第2位 プロスポーツ選手(サッカー、野球、バスケ、テニス、陸上など)
第3位 保育士・幼稚園の先生(先生に優しくしてもらったので・・という理由)

第1位のパティシエには、正直びっくりです!
個々のコメントとして、「人から『美味しい!』と言ってもらいたい。」とありました。
第2位のプロスポーツ選手は、私の時代と同じです。ホットします。
私の同級生は、夢を実現し日本ハムファイターズに入団しました。
第3位の保育士・幼稚園の先生は、時代を超えて強いですね!私も当時、これが夢でした。

10歳が描く将来には、このような事実があるということを考えると、保育園、幼稚園の先生方の影響は、やはりとても大きい!と思います。
子どもたちの憧れの存在として、時代を超えた輝きをこれからも磨いて欲しいです!
昨今、人材不足ですが、この時(幼少期)から採用活動は始まっているのですね。

ちなみに、息子の将来の夢は『プロサッカー選手』でした。
将来がとっても楽しみです!

このページの先頭へ

ホーム事業内容講師紹介活動報告会社案内お問合せお知らせ一覧講師コラム一覧プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (c) 2002-2011 株式会社 こども保育環境研究所 All rights reserved.